MENU
Close 

      2017/05/03

加齢と共に目立ち始めた首のシワの対処法

 
加齢による首のシワに悩む

顔はお化粧でカバーできるけれど、首は隠す事ができません。

すでにできてしまっているシワをどうにか薄くできないか、また
今後さらにシワが増えたり、さらに深いシワにならないように予防するには
どうしたらいいのかを悩んでいます。

首のシワには気付きにくい

ある日、たまたまふと鏡を見ていた時に首のシワに気付きました。

それまで、顔のシミやしわには注意して見ていたけれど首には注目したことがなく、
これは若いころからあるシワなのか、それとも最近できたシワなのかもわからない2本の大きなシワでした。
若い頃からあるシワだったら、これ以上深くなる可能性も少ないと思うのですが、加齢とともにできた最近のものだったら、これ以上増える可能性や、また今できている2本のシワも深くさらに目立ってしまうかもしれません。
顔もそうですが一度できてしまったシワはヒアルロン酸を定期的に打つなどの処置をしない限りはなくなりません。
また処置をしても完全にはなくなりません。

よく年齢は首に出ると言われますが、自分の首のシワに気づいてからというもの気になってしょうがなくなってしまっています。
どうにかしてシワの進行を食い止めていつまでも若若しくいたいのです。

首のシワ対策でやっていること

首にシワができる原因を調べていたら、まず枕に原因があるとわかりました。

高い枕を好む人は首が下向きになってシワができてしまいます。

その状態で毎日何時間も寝るわけですから、そのシワが残りやすくなってしまうそうなのです。

他には、スマホを長時間いじったり、猫背などで常に首を下向きの体制にすることが多いと
シワになりやすくなるそう。
また、紫外線などの外的刺激によって肌がダメージを受けることも原因であるそうです。

とにかく首にしわを作った体制を長時間することが大きな要因な気がしました。

そこで思い当たるのは枕です。
前から高い枕を好む傾向があって、早速いつもの枕に寝て鏡で見ていたら
首にしっかりとシワができていました。

それからは、低い枕にしてさらに首のところにタオルを引いて首を少し伸ばしたような
状態で寝るようにしています。

あとは、肌が乾燥することでもシワになりやすいそうなので、お風呂上がりには必ずオイルを塗って
保湿を心がけています。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です