MENU
Close 

      2017/04/29

男の鳩胸は裸にれない程恥ずかしい

 
鳩胸

私は、小学校高学年から太り始めており、その結果太った感じのおっぱいをしております。
今はある程度痩せたため、服を着ていたら分からないのですが、服を脱ぐと男らしい体ではないことがばれてしまいます。
そのため、服を人前で脱ぐことができません。

鳩胸に悩む理由

私は太っていた頃は痩せれば普通の体型になると思っておりました。
しかし、はと胸であることは痩せたとしても上半身が太って見えるため、とても嫌でした。
プールの授業や健康診断で他の男の子に馬鹿にされるなどのこともあり、人前で服を脱ぐのがいやになったのです。
もちろん、ダイエットも試みたのですが、そもそも体型がはと胸であるため、おっぱいだけは男らしい状態とはなりませんでした。
そのこともあり、筋トレで胸に筋肉をつけることも考えたのですが、私自身マッチョな体型にあこがれているわけでもないため、どうしたらよいかいつも悩んでおりました。
そのため、学校での水泳時間は極力体調不良で休むようにしておりました。
周りの友人も私が休んでいる理由を何となく知っており、触れては来なくなったのですが、それでも私の気持ちは改善されることなく時間だけ過ぎていっておりました。

鳩胸を隠す為に

私は、常に自分のはと胸を意識しており、そのため、胸が分かりにくい服を着るようにしております。
また、胸を意識するあまり猫背となってもいます。
そんな自分がいやになり、何とか克服しようと、ダイエットではなく筋肉をつけることとしました。
筋トレをすることで体型全体を改善することとしたのです。
もちろん最初は筋トレもあまりしたことがなかったので大変でした。
しかし、自分のコンプレックスを何とか改善したいと考え、日々努力をしました。
そして、自分の食生活も見直すきっかけとなり、今では体系的に十分人前で見せれるぐらいにはなっております。
しかし、この体型を維持するのはやはり大変なことであり、私自身、日々自分との闘いだなと痛感もしております。
それでも昔のようなさみしい自分に戻りたくないため、今後も続けていくつもりでいます。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です