MENU
Close 

      2017/04/22

胸の贅肉が取れないのはどうしたらいいの?

 

私は10才の時から過食症になってしまい太ってしまいました。

高校生時代に無謀のダイエットをして何とか人並みの体系になったのですが、胸の肉だけは落ちませんでした。

それから数十年経っても胸の肉だけは落ちずに横から見ると太って見えてしまうのが私のコンプレックスなのです。

太っていると自分が嫌いになってしまった

私が悩んでいる原因は”横から見ると太って見えること”です。

昔、太っていたので自分的にそのイメージが抜け切らず、女性はスタイルの良くない、太って見える男は嫌いなんだと自分勝手に思い込んでいるのでこの悩みからは胸の肉が落ちるまでは解き放たれないような気がします。

きっかけは10才の時から過食症で太り始めてしまい、とても異性から好かれるスタイルでなくなってしまったので自分自身で「こんなに太っていては女の子に好きになってもらえるわけがない」と勝手に思い込んでしまったのが原因であると思い、自分で見ても横から見ると「カッコ悪いなぁー」と思ってしまっているのが原因であると思います。

見た目のスタイルが悪いと女の子が一緒にいるのがイヤなんじゃないかと勝手な思い込みで思ってしまっているのでそれが原因で私は長年悩んでおります。

痩せるために気持ちを入れ直します

悩みを解消するためにダイエットに励んでおり、体の全体的に脂肪を落とすようにカロリーに気を使った食事をしているのと同時に毎日のストレッチも欠かしていません。

できるだけエレベーターを使わずに階段を使うようにしており、なるべく歩いてカロリーを消費するようにしています。

そうやってできるだけ体から余分な脂肪を取る努力をしているのですが、何故だか胸の脂肪だけはなかなか取れないのでホトホト困っていますが、こうなったら逆転の発想で胸筋があるのは男らしい男性の象徴であると割り切ってしまうのもアリかと思うようになっており、「分厚い胸板」というのも女性を魅了するものではないかと密かに思っており、このまま”不可能への挑戦”を続けるよりは開き直って思想の大転換を図るというのもいいのではないかと思い始めている次第であります。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です