MENU
Close 

      2017/04/21

産後の尿漏れが1年以上経っても治らない私がしている対策法

 
産後の尿もれ対策

現在1才5ヶ月の息子の母をしております。

息子を出産してから尿漏れがひどく、走ることはもちろん、ちょっと力を入れるだけで漏れてしまう時があり、本当に困っています。

息子を抱っこする時には、ちょうど膀胱のあたりで支えたり、抱っこ紐を装着したりするので、少しトイレに行きたい時などは歩くだけで漏れてしまう時もあります。

くしゃみをしたり、笑ったりしても漏れる時があるので、悩んでいます。

尿もれに気付いたきっかけ

家にいる時に尿が漏れる分にはまだ良いのですが、汚い話、外出先で尿が漏れてしまうと下着が塗れた状態で過ごさなければならないことがあり、最悪です。

また、同じく妊娠、出産した友人たちに話してみると、一年半も尿漏れが続いているのは私だけです。

産後すぐは尿漏れがあったものの、特別何かするわけではなく元に戻ったという友人も何人かいます。

「なぜ自分だけ」と不安になりますし、また2人目をいつか産みたいと考えているので、次に産んだら私の身体はどうなってしまうんだろうと今から不安で仕方ないです。

私は、わりとオープンな性格なので、主人にも「尿漏れがある」とたまに言うのですが、笑われてしまう時もあります。

母も未だに尿漏れがあると言っていたので、遺伝なのか。

それとも、出産に時間がかかったことや息子が産まれる直前で止まってしまって吸引分娩をしたことが原因なのか。

いつか治ると思っていたのに1年半も経ってしまい、ショックです。

産後の尿もれ対策でしていること

産後すぐの頃は、育児書や雑誌にも尿漏れが起こると書いてあったので、「これが噂の」くらいの軽い気持ちで受け止めていました。

しかし、半年ほど経っても治っていなかったので、一度整体で産後ケアを受けたことがあります。

そこで尿漏れ体操を教えてもらいました。

膣や肛門の辺りを引き締めるような動作を繰り返して、出産で伸びきった筋肉を元に戻していく体操だそうです。

なかなか地味な体操なのですが、空いた時間にはなるべくするようにしています。

また、産後すぐは尿漏れという現象が初めてだったので、頻繁に漏らしていましたが、最近ではどういう時に尿漏れが起こるか分かってきたので、走ったり跳躍したりすることをやめたり、くしゃみをしたり笑ったりする時には尿漏れが起こらないような筋肉の使い方ができるようになってきました。

また、外出するときに心配な時には生理用ナプキンなどを敷いて出かけています。

少しずつ尿漏れの回数や量が減ってきているので、この調子で治していきたいです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です