MENU
Close 

      2017/04/17

ダイエットが成功せず、常にぽっちゃりのままで痩せれない

 

高校生の時にアメリカに留学して、体重が増えました。

それ以降、なかなか減らない体重に困っています。

もともと痩せ型ではないのですが、なかなかダイエットに成功できず、友人らと集合写真を撮ると自分が一番大きい、ということもありました。

どうやったら痩せるの?痩せたいと思ったきっかけ

留学に行って食べる量が増え、胃が大きくなってしまったことがきっかけです。

あとは大学生になり、生活が不規則になったこと、私は実家暮らしでしたが、夜遅くに家に帰って晩ご飯まで遅くなってしまったこと、バイトをして自分でお金を稼ぐようになり、お菓子などが自由に変える状況に置かれてしまったことなどにより、ダイエットをする機会を悉く逃してきたように思います。

また、高校生の時までは体育などの関係で否応なく身体を動かさなければなりませんが、大学生になると体育なんてありません。

しかし色気のある同級生が多い大学生活では、写真を撮ると自分の顔が一番大きく映ったりして嫌だったので、写真を撮る時は常に撮る側に回っていました。

写真は本当に嫌でした… また、同じ学部学科には細い女の子が多かったため、常にコンプレックスを感じていました。

痩せるためにしていること

ダイエットを本気で決意したのは結婚してからです。

大学院に通うようになってから座っている時間が増えたために体重はさらに増え、これはヤバいとダイエットを決めました。

主食を豆腐にし、お米、パン、麺類、じゃがいも、お肉、お魚を避け、豆腐と野菜で生活しています。

そして、7キロ体重が減りました。

これでもまだ大学院で蓄えた分しか減っていないのですが、写真を撮ると顔の大きさの違いに驚きます。

最近は誰もがきれいに映るアプリなどが出てしまったため、ダイエットなども意識しなくて良い時代になってしまったかもしれませんが、やっぱり自分が小さく映ると嬉しいです。

また、写真を撮る時は一歩後ろに下がる、後ろの足に重心を置くなど、顔を小さく見せるための技もいろいろ試しました。

セコイ技ですが、これは女として知っておいて良かったかなとも思います。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です