MENU
Close 

   

父の日のプレゼントを悩んだ結果、ワインにすることになった。

 
もうすぐ父の日

2017年の父の日は6月18日。

母の日には悩んだ結果、ボディクリームなどをプレゼントしましたが、父の日はお酒に限りますよね。

年齢のことを考えるとワインや焼酎など、こだわりの1本をあげるといいと言われました。

そこで、今回ワインを選ぶに至ったことについてご紹介します。

父の日は酒に限る!!(ワインや焼酎)

多くの人が考えるのがお父さんが大好きなお酒をプレゼントしようということ。

大抵、家に帰ってからの晩酌が楽しみな世間の父は、お酒をもらうととても喜びます。

そう考えてバーで働いている友人がいるから、色々と質問してみました。

父が好きなワインはなに?

父が普段飲んでいるお酒は焼酎だったので、その銘柄を伝えました。

友人は少し考えた結果、こう言いました。

「白ワインでいんじゃね??銘柄は気にすんな!予算次第!」

僕はこいつ適当だなと思い、もっとちゃんと教えてくれよと言いました。

そもそも普段お酒を飲まない自分が、どんなお酒を選ぶかなんてわからない。そう伝えました。

その時、彼は名言とも言える一言を僕に言い放ったのです。

「お前のお父さんは酒が欲しいんじゃねーよ。お前と酒を飲んで語れたら、どんな酒でもうまいんだよ!だから無難な白だ!」

確かに!!!!

普段酒を飲まないから、成人してからも当然かのように父と酒を飲むことなんてなかった。

親孝行だと思って、一緒に酒を飲むために白ワインにする。

プレゼントとしてのワインの選び方

プレゼントを送る際、様々な演出をすることができます。

例えばギフトセットになっているものやメッセージカードが入ったものなどがあります。

さらに、ギフトセットはラッピング無料サービスなどもあり、ギフト限定のギフト包装をしてくれるのがポイントです。

いくら、お父さんが自分とお酒を飲むのを喜んでくれるからと言って特別感を省いてしまっては喜びが半減されます。

メッセージカードには普段からの感謝の気持ちを。

化粧箱入りの酒ギフトは少しゴージャスなものを選ぶといいでしょう。

僕はワインを選ぶ際に、父の日におすすめのプレゼントワイン特集を参考にしてワインを選びました。

このサイトにはワインについての知識など、ワイン初心者の自分でも十分に理解できる内容が紹介してあり、簡単に選ぶことができました。

父の日まではまだ時間があるので購入はもう少しあとでしようと思っています。

是非あなたもワイン選びの際には上記サイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です