MENU
Close 

   

健康診断で発覚した甲状腺疾患が自覚症状がないのに治らない

 

数年前から疲れやすくなりました。
原因がわからずしばらく放置していましたが、健康診断の血液検査をしたのがきっかけで、甲状腺低下症であることがわかりました。
現在、3ヵ月に一度のペースで専門医に通い、毎晩薬を飲んでいます。
このまま治らないのか悩んでいます。

一向によくならない検査結果

3ヵ月に一度ですが専門医に通い、毎晩薬を飲んでいます。
今は、薬を飲むことで状態を維持していますが、飲まなければ体調が悪くなるのは確実です。
このままずっと薬を飲み続けなければいけないのか。
疲れやすかったりするのは、年齢のせいもあるとおもいますが、この病気の症状がでているそうです。

この病気を治す方法は、ほかにないのか。
例えば、減量すれば症状が収まるといったような。

治療をしなければ血液の数値が異常になり、しんどくて動けなくなって、入院治療しなければならなくなるとおもいます。

仕事は無理をするとしんどくて、なかなかつづきません。
気分の落ち込みも症状の一つだそうで、働かなければならないのに、ますます働く自信がなくなります。

命の危険がすぐあるような病気ではないのですが、いつになれば治るかわからないというのは、とても不安なものです。

改善のためにしていること

悩みである病気を治すために、きちんと医者に通い毎日薬を飲んでいます。
それしか今のところ方法がないので、続けるしかありません。

心がけていることは、ストレスをできるだけためないように、意識しています。
ストレスは怖いもので、色んな病気の原因になります。
昨年大腸炎で入院しましたが、この病気の直接的な原因もわかりませんでした。
きっとストレスが影響していたのだと思います。

ストレスは気分を良くすることで、解消できるようです。
気分転換に散歩に出かけて自然の移り変わりをみたり、新鮮な空気を吸い、軽く体を動かしたりするようにしています。

食事は体を作る元ですから、できるだけ栄養バランスを考えて作るようにしています。
といっても3食頑張って作るのは大変なので、夕食だけは大切にしています。

あと、睡眠不足にならないように心がけています。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です