MENU
Close 

      2017/05/13

20代前半なのに慢性的な肩コリの原因と対策

 

私が悩んでいる身体の悩みは、肩こりです。
私は20代なのに肩のコリが酷すぎて、肩コリが少し盛り上がっています。
首コリにまで発展しているため、頭も痛くなったり、首をつりそうになったりします。
腕も上がりづらい日もあります。
20代の身体ではないとよく言われます。

慢性的な肩こりの原因

私は、中学生の頃から緊張すると肩をすくめたり、机に向かって猫背で勉強していることが多く、身体に負担がかかる姿勢によくなっていました。
肩コリからの頭痛などの体調不良がよくあったため、学校の保健室にはよく通っていました。
その時に保険医に肩コリが酷いことは教えてもらっていました。
しかし、そのことを親に伝えても、「所詮肩コリだし、まだ若いから大丈夫」だと軽くあしらわれてしまい、なんの改善もできませんでした。
普通の肩コリなら確かに若さでなんとかなったのでしょうが、そこから改善することもなく、悪化する一方でした。
私自身なんとかしたいとは思っていましたが、なかなか機会がなく、慢性的な肩コリになってしまいました。
また、幼少期に親から不適切な知識による姿勢の矯正などをほどこされたことも原因の1つです。
そのため、元々姿勢が変だったことから、余計に肩コリになりやすい身体になっていました。

私の肩こり対策方法

なんとかしたいという思いから、バイトを始めた頃から、いろいろなマッサージや整体を受けるようにしました。
そこで、自分に合う整体を見つける事ができ、現在月に一度のペースで通っています。
定期的な身体のメンテナンスを受けることで、自分の身体の不調がちゃんとわかるようになってきました。
肩コリは身体を動かさないからなりやすいと知り、先生から肩回しの運動やマッサージを教えていただきました。
肩回しは、気がついた時にちょっとでもするようにしています。
マッサージは、首から鎖骨のあたりは神経が密集しているため、お風呂で身体が温まった時に、そこのマッサージをして、巡りを良くするようにしています。
また、食事においても直接的な関係性はありませんが、腸の調子を整えると、身体の調子は好調すると教えていただき、毎朝ヨーグルトを食べるようにしています。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です